半年。

みんなが幸せになれる世界があったらいいのになあ。

そしたら幸せって概念もなくなってしまうのかもしれないけど誰も悲しむことがない世界ならそれでもいいかなって思ってしまう。

 

 

※本日嘆き大会

 

 

田口くんなあ。田口くんなあ。

わたしの中でいつの間にかとっても大きな存在になってました。わたし上田担なんだけどなあ…笑

 

田口くん、ソロデビューおめでとう。

今更だけどおめでとう。

また表舞台に立ってくれてありがとう。ここに立ってくれてる田口くんが見れてわたしはとっても幸せです。

 

ただ。ただね、あなたのそのキラキラしたパフォーマンス、KAT-TUNで見たかった。

今更言ったってどうにもならないことも分かってる。我儘だって分かってる。でも、充電が始まって半年経った今でもどうしてもこの感情だけは切り離せないんだ。ごめんね。

船から降りることになった田口くんに文句があるわけでもないし、ましてや、充電期間に入ったKAT-TUNに文句があるわけでもない。

でもどうしても折り合いがつかなくて。

 

田口くん、ごめんね。なんで田口くん、あんなに辛そうでSOS送ってたのになにも出来なかったんだろうね。いや、気づいてても何も出来なかったのかな。あたしに田口くんの周りのことなんかこれっぽっちもわかんない。でも田口くん、頑張ってくれたんだよね。きっといっぱいいっぱい頑張って戦ってくれたんだよね。上田くんが全部語ってくれてるもん。あいつ、目が虚ろだった。精神的にやばそうだった、って。

 

それなのに、自分からはなんにも言わなくて、最後まで向日葵みたいな笑顔でKAT-TUN田口淳之介を貫いてくれて。ごめん。ありがとう。

 

なんでどうしてみんなが笑顔になれる道が閉ざされることがあるんだろう。

どうして4人が、いや、5人、6人が一緒に笑っていられるささやかな幸せが消えてしまうんだろう。

 

KAT-TUNとhyphenでみんなで手繋いでさ、

                    We are KAT-TUN

                                 ってやりたいだけなのに。

 

お願いだから。お願いだからもう2度とこんなことは起こってほしくない。

結婚してほしくない、とかそんなことも全然思わないし。むしろその素晴らしい遺伝子が受け継がれないのは世界の損失だと思うから奨励したいレベルです、個人的に。

 

10周年の今年、KAT-TUNの道は4つにわかれました。

でも心の中の故郷はKAT-TUNにあるって信じてもいいですか。

仁くんや聖が10周年お祝いしてくれて、じゅんののソロデビュー応援してくれた。

 

10年間の間にいろんなことあったけど、根本はKAT-TUNにあるって。

hyphenにとってこんなに嬉しいことってない。

メンバーがグループのこと思ってくれてるのが凄く嬉しい。

もちろん、カメ、上田くん、中丸くんもグループのことすっごく思ってくれて考えてくれて。

今そのためにソロのお仕事もすっごく頑張ってるって伝わってる。

どうかhyphenにも一緒に闘わせて下さい。

 

この前の少プレで太一くんとNEWSが言ってた。ファン次第だ、って。

そう言われるなら負けるわけにはいかない。

絶対に、絶対にKAT-TUNに帰って来てもらう。

声あげ続けるしかない。だって一緒にWe are

KAT-TUNってやりたい。

 

6人はそれぞれ違う道を進むことになったけど。わたしは6人みんなのことが大好きだし、ずっと応援し続けたい。6人がそれぞれ頑張って活躍してる姿を追い続けたい。

 

願わくばいつか「この前ね、KAT-TUNでご飯行ったんだ〜」って報告が誰かから聞けますように。

 

 

大好きなKAT-TUNへ。

 

 

 

 

KAT-TUNへの愛垂れ流し企画 第1弾

そろそろ充電期間が始まって3ヵ月が過ぎようとしています。

正直言ってさ!み!し!い!

 

はい、寂しいです。ですがこれもKAT-TUNが選んだ道。また帰ってくると約束してくれたKAT-TUNです。またそのKAT-TUNというグループを選んだのもわたしです。

となると…全力応援するっきゃないでしょ!!!!!!

 

というわけでガンガンKAT-TUNの楽曲をかけながらKAT-TUNへの愛を垂れ流していきたいと思います。OH YEAH!!!

 

はい。それではKAT-TUNへの愛垂れ流し企画第1弾、メンバー編のはじまりはじまり。

 

亀梨和也

はいでたKAT-TUNのエース!!我らが亀梨和也!!!!!!

KAT-TUNをよく知らない人がKAT-TUNのメンバーと聞いて真っ先に思い浮かべるであろう亀梨和也。もう不動のエースです。

でも、実は最年少なんですよね、彼。いつでも真っ先にKAT-TUNとしての答えを求められ、それに対して真摯に答える。これがどれだけのことなのかわたしには想像も出来ませんが…

多分世間様のイメージからしたら、クールビューティー、怖い、綺麗、歌うまい、野球うまい、馬鹿なことは絶対やらない、冷たい。みたいなもんでしょうか、多分。

※イメージ図

f:id:waka0789:20160729152938j:image

でもそんなこと全然ないんです。いや、あるけど。綺麗、歌うまいetc…いい所はそのままだと思っていただいて大丈夫です。でも怖くないです、全然。ライブになると余裕で下ネタぶちこんできます。あと、人の話横取りしちゃいます。末っ子感満載。まさに末っ子。その上話し出すと長い。そしてオチはない。そんでもってウチのおじいちゃん、中丸くん大好き。隙あらば弄ろうとする。くせに中丸くんから仕掛けられるとドキドキしてビクッ!!!ってなる。女子か。カップルか。

※参照画像

f:id:waka0789:20160729153342j:image

こんな亀ちゃんですが、グループの名前を一身に背負っていることに変わりはないんです。一時期はKAT-TUNを辞めたい、辛かったのか、明らかに普通ではない痩せ方で痩せていったときもありました。それでもKAT-TUN亀梨和也でいてくれたことにわたしは感謝しかありません。かめ、今までありがとう。今までも、これからもずっとずっと亀梨和也を魅せてくれることを願って。

 

上田竜也

KAT-TUNKAT-TUN、TATSUYAー!!!!UEDA!!!!(意味わからん)

上田くんは、今ではKAT-TUN=ギラギラ、かっこいいというイメージを一身に背負っていると思います。

でもね、昔のKAT-TUN見てみて下さい。上田くん、見当たらないんです。どこ探してもいないんです。

えっ??途中加入??全然そんなことないです。ちゃんといますよ、美少女が。

美少女?!??!

いや意味分からん、ちゃんと説明しろよ、というそこのアナタ。はい、説明します。

簡単に言いますと

上田竜也=美少女

です。

………はっ?!??!

わかる。その気持ちよく分かります。でも本当なんです、信じて下さい。本当に。

f:id:waka0789:20160729155350j:image

これ、同じ人なんです。

上田くんは、KAT-TUN結成当初からキャラが物凄い勢いで変わってます。はっきり言って別人です。( 1から10まで全部お見せしたい所ですが、多分それだけでブログ1個書けるしここでやったらどえらいことになるので、また機会があればやりますね…)

特に度重なるメンバーの脱退に伴って、キャラの変更が凄まじいです。

でもこれ、わたしは全てKAT-TUNを守るためだと思ってます。惚れた贔屓目と言われてしまえばそれまでですが、仁、聖が船を降りてしまったあと、KAT-TUNのイメージ、ギラギラかっこいい不良系といえるメンバーはいなくなってしまったと言っても過言ではないと思います。その中で、甘栗として女の子と見間違えるほどで、オラオラ系とは1番遠く離れていた上田くんがその役割を担うようになりました。全てはファン、世間の皆さんが持っている"KAT-TUN"のイメージを崩さないために。

そんな風にわたしには見えるんです。

情に厚くて曲がったことは大嫌いで真っ直ぐで口下手で勘違いされやすいけど、実は凄く繊細で、心優しくて寂しがり屋な上田くん。

朴訥に語ってくれた、KAT-TUNへの想い、凄く凄く嬉しかったです。願わくはこれからは上田くんはじめとするKAT-TUNとわたし達hyphenが一緒に闘って辛い時も嬉しい時も全部全部一緒にわかちあえますように。これから先ずっと一緒に笑っていられますように。

 

○中丸雄一

はいきた、多分KAT-TUNで唯一真面目な好青年!!!中丸雄一!!!!!(そんなことないからね、みんな実は真面目で好青年だからね、そこのところよろしくね)

f:id:waka0789:20160729210033j:image

1番優しそうな顔して1番好青年でなんか1人だけKAT-TUNっぽくない!!っていうのが世間様のイメージでしょうか。いいえ誰でも。

実はKAT-TUNの他のメンバー5人を抑えて1番強いのが(色んな意味で)この中丸くんっていうのはKAT-TUNのファン、hyphenではもう常識!!!!

あだ名は帝王、村長などなど普段の中丸くんとは結びつかないような呼び方です。

そしてhyphenを冷たく見下ろすその目はまさにDFE(死んだ魚の目)そのものです!!

f:id:waka0789:20160729210053j:image

ですが、この個性強すぎで、俺が俺がのグループの中で彼が1番の中和剤であったことには間違いありません。きっと彼がいなければ6人のKAT-TUNはここまで続いてなかっただろうし、もしかしたら今解散してたかもしれないし、そもそもデビューしてなかったかもしれない。本当に1人のhyphenとして、中丸くんには感謝してもしきれません。メンバーとメンバーを繋ぎ合わせようと必死で頑張ってくれた中丸くん。本当にありがとう。

ファンサかどうか他からみたら怪しいような冷たいあしらい、結構好きです。の割にメンバーに対して(特に上田くん)めちゃくちゃ甘いところとか結構好きです。(もっとやってください)

それからhyphenが喜ぶような企画をいつもいつも立ててくれる中丸くん。ファンサ冷たいくせに、ファンのことしっかりわかってて、心をがっつり掴んでくるところ、惚れてます。

これからもよろしくお願いします。KAT-TUNのこと、hyphenのこと。もちろんわたしたちも一緒に走ります。出航します。これからもずっとずっとグループ想いの優しい優しい最年長でいてくれますように…

 

 

 

記念すべきデビュー10周年おめでとう!!!!決して平らな道ではなかったけど、ここまで頑張ってきてくれて、グループを守ってきてくれた3人には感謝しかありません。

もちろん、亀が言ってくれたように、船から降りた3人がKAT-TUNでなければKAT-TUNでは無かったので、仁、聖、じゅんの。3人もありがとう。

周り道でも1番前。誰も歩いたことない道を歩こう。

全てはKAT-TUN自身が語ってくれています。

KAT-TUNと出逢えたこのキセキに感謝して。

またKAT-TUNと足跡を刻めることを願って。

これからの益々のKAT-TUNの健闘を祈って。

 

 

 

 

------------------- Are you ready ? ----------------------

 

 

 

 

 

 

諸行無常

最近さらにKAT-TUNにどハマリしてて怖い。
だってかっこいい。なにあれずるい。
イケメンじゃないか、顔も性格も…!
どうしてくれるんですかね、この気持ち。
わたし、こんなハマるタイプじゃないんだけど。人生初だよね。お金つぎ込んでるし。
でも大好きなんだもんねえ。
いつかあの時は若かったな〜若気の至り辛いやつ〜?ってなる日くる??
え、来なくない??
あのパフォーマンス超人どうするの。歌も上手いしダンスも上手いってやばくない?人生の不公平さについて考えさせられるよね。

とりあえずなにを言いたいかというとかっこいいイケメン。愛してる。

f:id:waka0789:20160626003335j:image

とりあえず…戸惑いの気持ち

田口くんがKAT-TUNを脱退して初めて彼女(?)さんとの写真流れちゃったみたいなんですけど(わたしの気持ちの問題上、名前ではなく彼女(?)さんと呼ばせて下さい)なんだかうまく言葉にできない…戸惑いの気持ちがちょっと隠しきれない。

なにが正しいのかなんてわたしにもさっぱり分かりません…

 

ですが現実として田口くんはKAT-TUNを脱退してどんなに美しく才能とオーラあって、歌も踊りも上手なキラキラ王子様だったとしても、一般人となり、一般人となった以上は誰と恋愛してもいいし、法に触れない限りはなにをしても誰かから批判されるいわれもないのです。だってそれは田口くんの自由であり、問題が起こってもそれは本人の責任だからです。

だからhyphenさん、田口担さんには田口くんを責めないで頂きたいのです。田口くん、KAT-TUNを好きすぎるあまり、彼女(?)さんといるのを見て辛くさみしくなったという思いは私もものすごく共感致します。ですがそれと同時に「田口を見損なった」「もう応援したくない」「もうほっといて今KAT-TUNでいてくれる3人だけを応援しよう」そんなツイートを見ると心が痛くなるのも事実です。

心に穴があいたようなさみしさやなんとも言えない悔しさ、苛立ちもあるでしょうが、出来たらそれを公開せずに心の中にそっと閉まって頂けたら嬉しいです。もちろん田口くんのためもありますが、まずは田口くんが大好きな田口担さんのためにその思いを心の中に留めて置いてもらえたら、と思います。

 

ですが田口くん。

あなたはいったいぜんたいどうしたいの?!もう!!!!!!!!これから先、芸能活動する気はあるの?!ないの?!いまの生活をお友達や彼女(?)さんと一緒に楽しんでるのもすごく伝わってくるけど、すぐに色んな活動は出来ないと思うからせめて芸能活動するつもりがあるのかどうかだけでもはっきりしてね?!

そうじゃないと世間一般の方だけでなくhyphenや田口担の人にも納得してもらえないよ?!

 

わたしは田口くんのこと待ってるから。

どんな決断でも受け止めるけど、今の微妙な感じは抜けだせたらいいな!!

 

 

KAT-TUNの向日葵

※勢いに任せたため、読みづらいところあるかと思います。すみません。

※3人のKAT-TUN以外応援できないという方はこの先読むことをオススメいたしません。

10ks!、それまでのテレビや雑誌の取材でKAT-TUNの充電期間に対する決意を改めて感じさせられた。
黙っていることも出来たのに彼等はそれを良しとしなかった。hyphenに隠し事をするのを好まなかった。田口くんが抜けたことに関することで事実とは違う憶測が飛び交うのを嫌った。

それは彼等の不器用で真っ直ぐな気持ち。
田口くんへの。hyphenへの。

田口くんに対して不仲説であるとか、田口くん自身の問題とかで田口くんが傷つくのをなるべく避けたかったからの選択だと思う。
田口くんは確かに脱退という道を選んだ。でもそれはKAT-TUNでの10周年を壊したかったからじゃない。
ただ単になにかに耐えられなかった。ずっとそれを1人で抱え込んで、あの向日葵みたいな笑顔で私達を照らしながらどこかで違和感があったんだと思う。これから先どれだけ叩かれて、どれだけ辛く険しい道を歩むことになるとしても田口くん自身がその道を選んだ。

それなら私達に田口くんについて何かを言う権利はないと思う。ましてや、KAT-TUNのことも田口くんのこともよく分からない人に便乗するような形で田口くんを否定しないでほしい。
だってこれまで田口くんがKAT-TUNを守ってくれた事実が変わる訳ではないから。今までのKAT-TUNとしての田口くんが変わる訳ではないから。
私達が目に見えない大きな何かと一生懸命闘って、その上で田口くんが選んだ。KAT-TUNでいられる最後の日までKAT-TUN田口淳之介を貫くことを約束して。

田口くんが大好き。
その場にいてくれるだけで、笑ってくれるだけで、世界を明るくするような田口くんが大好き。
私はメディアを通しての田口くんしか分からないけど、15年一緒にやってきた上田くんが田口くんのことを信頼してるって言ってた。あの曲がったことが大嫌いで、情に篤い上田くんが言ってた。少なくとも、上田くんがみんなの前でそうやって田口くんのことを言えるくらいの人徳が田口くんにはあったってこと。
田口くんの全部が分かるわけじゃないけど、田口くんを好きになってよかった。
同じ空の下生まれてよかった。

これからの田口くんの人生が幸多きものでありますように。
田口くんが向日葵のような笑顔で屈託なく笑えますように。
願わくばその姿をメディアを通じてもう1度見られたら嬉しいな。

頑張れ、田口くん。
何があっても、ずっと応援してるから。






田口くん担さんへ。
いきなりすみません。お前は何様だと言われることを覚悟で伝えさせて下さい。

田口くんがKAT-TUNという船を降りて、同時に船を降りようか迷っていらっしゃる方もいると思います。
出来るなら、私は田口担の皆様とともにこれからのKAT-TUNを応援していきたいです。
田口くんが愛してくれたKAT-TUNをずっとずっと真ん中で一緒に支えていけたらわたしはとても幸せです。
ただ、自担が船を降りたことでKAT-TUNに対して気後れしてもらいたくないのです。
現在3人のKAT-TUNで活動している時に、田口担を傷つけるような発言をしている方をたまに見かけます。
ですが、そんな人ばかりではないことをお伝えしたいです。
きっと、そんな人よりも、一緒に田口担さんとKAT-TUNを通して盛り上がりたい、応援したいと思っている人の方が多いと思います。
少なくともわたしはそう思っています。
出来るなら、この先もずっと一緒にKAT-TUNを応援できますように。

もちろん、田口くんと同時に船を降りた方を責めたい訳ではありません。
船に乗ることが全てではないからです。
港で船を後ろから支えてくれる人もいてくだされば、大きな励みとなると思います。
"同じ空の下"です。今は別々のことに取り組んでいてもふとした時にみんなで集まれたらこれ以上の喜びはありません。
どこまでもタグティブに頑張れたらと思います。


いつかまた出航の時に皆様に会えることを願って。








KAT-TUNのLIVEに初参戦して

KAT-TUNのLIVEに参戦してきました!!!!
かっこよくて死ぬかと思った…なにあれ…

私はKAT-TUNを好きになってから初めてKAT-TUNのLIVEに参戦させていただきました。quarterの時から行きたいと思っていたのですが、予定が合わず断念…だから今回は念願のLIVEでした。

KAT-TUNを好きになった当初から
"KAT-TUNのLIVEほど最高なものはない"
"LIVEを見てさらにKAT-TUNが好きになる"
などここで書いてたらそれ一つでブログがかけるほどの人気と高評価で絶対1度は行ってみたい…!と思っていました。


陳腐な感想になりますが、KAT-TUNに魅せられた。
KAT-TUNがもっともっともっともっともっともっともっともっともーーーっと好きになるLIVEだった。
もしDVDが発売されるのであればそちらを見て頂きたいので詳しくは語りませんが、とにかく圧倒的だった。
ただただKAT-TUNとhyphenのタメの空間で、優しくてあたたかい、それでいて強い覚悟を秘めたLIVEでした。
あんなに広いドームをjr.を付けず駆け抜けたKAT-TUN。広くてスカスカ、なんて印象はひとつも持たなかった。3人でドームを操ってた。
特攻、レーザーを巧みに操ってhyphenを魅了してた。メンバーの一挙一動に目が離せなくて、心を奪われるLIVEでした。
そんな全アーティストが参考にしてほしいようなハイクオリティなLIVEの中で私が1番嬉しかったこと。
それはMC中のライト。
ずっとオレンジ色だったんです。
田口くんのこと思ってくれてるのかなって思うと涙が止まりませんでした。

改めてKAT-TUNを好きになれてよかったと。KAT-TUNに出逢えてよかったと思わせてくれるLIVEでした。
KAT-TUNは充電期間に入りましたが、どこまでも一緒についていきたい。
hyphenに銃を渡された意味を噛みしめて、KAT-TUNと一緒に闘う道を私は選びたいです。
そしてKAT-TUNが帰ってきてくれたとときには笑顔でおかえりなさいって言いたい。

中丸雄一

この6人が同世代で、ジャニーズに入るっていう奇跡が起きなければKAT-TUNは生まれてなかった。
辛いこともたくさんあったと思うけど、それを乗り越えて今のKAT-TUNがある。
この6人じゃなきゃKAT-TUNは無いんです。
だからいつの時代のKAT-TUNも否定したくない。私は4人時代からのファンですが、6人みんなが大好きです。

"君が生きるこの空の下生まれてよかった"

生まれてきてくれてありがとう。
KAT-TUNになってくれてありがとう。

あなた達に出逢わせてくれた神様にほんとに感謝したい。ありがとう。




---------------------Are you ready?----------------------



Albam Best of KAT-TUN

私の独断と偏見によりアルバム曲の中から5曲くらいオススメの曲を紹介出来たらな…と思っております。
改めて思いますが…
KAT-TUN神曲多すぎ!!!!!!!!
選べないじゃないか!!!!!!!!(喜)
という訳で悩みに悩みました…1つ言いたいのは正直全てオススメです!!笑
KAT-TUNの曲を聴いて頂くきっかけになれば幸いです。

1.GOLD
イントロ聞いた瞬間キタ━(゚∀゚)━!!!!!!!!!!!!
ってなるやつです、そうです、あれです。
何言ってんのか分からないけど無闇やたらにかっこよさを見せつけられる英語の歌詞
当時平均年齢21歳ですよ?!21歳が!!!あのかっこよさって!!!世の中って不平等!!!
GOLDのLIVEでの演出と言えばquarterの演出が忘れられません…ジャパネスク=和のテイストでのGOLDはまさに豪華絢爛。見るものを惹き付ける演出…私的には全ジャニーズファン、いや、全人類に見て貰いたい。1発でKAT-TUN沼に落とせる自信ある。
そしてこの曲は先日発売されたKAT-TUNのベストアルバム10ks!でのhyphen selectに入る程、人気が高い曲でもあります!

2.ハルカナ約束
一度聴くと絶対に忘れられないあのメロディー
LIVEでは高確率で歌われるくらいの定番曲。
KAT-TUNとhyphenの間の"約束の歌"だと私は勝手に解釈してます。LIVEの終盤で歌われる事が多く、KAT-TUNからの「またLIVEで会おうね」とhyphenの「ずっと待ってるね」の約束がこの1曲で果たされているのだと思います。
明るくて聴くと元気のもらえる曲です!

3.WILDS OF MY HEART
この曲は私の中で少プレのイメージがすごく強いです。4人で歌ってるのを見てああ…ってなりました。なんていうか、歌唱力が上がってるのがすごく実感出来るんです。仁、聖のパートをカバーして、歌割りが増えたからって言うのもあるのかもしらないけど、聴き比べてみると努力の跡が分かるんです。ああ、ボイトレとか頑張ってたのかなあとか思うと嬉しくなります。(もちろんその他の曲でも歌が上手くなってるのが実感できます!)

4.precious one
絶対外せない一曲です!!!!
歌詞もとても素敵ですが、オススメしたいのは上田くんとエピです!(?)
何故上田くんかと言うとピアノです!あの金髪オラオラ系ヤンキーみたいな上田くんが!あの容姿で!繊細なピアノを奏でます!!\\\フォォォォ///
これはもうたまりませんよ!!!!!!!
ちなみにLIVEでプレワン歌ってるときに中丸くんと田口くんが泣いてて、中丸くん曰く「隣みたら6人の姿が目に入ってふとずっとこの6人でやっていけたらいいのにって思った」っていっててhyphenからしたら涙腺崩壊ものですよね

爽やか!!!!とにかく爽やか!!!!
当時は今よりオラオラ系で売ってたはずのKAT-TUNですがそのイメージを払拭します!
KAT-TUNの振れ幅の広さを感じます!!
あえて詳しく説明はしません、買って聴いてみて下さい!(売り込み)



やってみると結構王道ですね…
でもKAT-TUNの曲はほんとに全て神曲です!
ほんとは全てオススメしたいです!今回はその中でも厳選です…!
KAT-TUNの魅力が1人でも多くの方に伝わりますように…