読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元アンドロイドの美しさ 馴れ初め

ジャニーズのグループのメンバーの名前が全部言えるのは嵐だけ。(苗字のみ、うる覚え)のわたしが何故KAT-TUNの沼に落ちたのか。

わたしがKAT-TUNを好きになったのはほんの1.2年前。ほんとにごく最近の話です。
きっかけはその時たまたまつけっぱなしにしていたFNSでした。
真剣に見ていた訳でもなく、何か作業をしていると突然
「ギリギリでい〜つも生きていたいからぁ〜さあ〜〜」
??!!!?!?!!!?!!?!
聞いたことある!!!すっごい美声なにこれ?!(当時リアフェのサビこそ聞いたことはあったもののKAT-TUNが歌っていることを知らずメンバーは亀の名前も出てきたか甚だ怪しい)って歌声に釣られるように顔をあげたのを覚えてる。
そしてかめのソロからメンバーが映されていって次の瞬間世界の色は変わった。


全ての色が抜け落ちた

私の目には金髪の彼しか見えなかった。


ええええええ?!!??!!?!
だって、だってだよ?!あんなに綺麗な顔立ちしたイケメンがこの世に存在してていいの?!
え、待って?!これ人間?!CG??!!
好みどストライク撃ち抜かれたうえにあの歌声は反則ですよ?!ねえ!!
というかそろそろ鼻血ですぎて出血多量で死ぬ

そこからはKAT-TUNの沼に真っ逆さまに落下

グループ名と金髪で検索かけて、金髪の彼が上田竜也という人物であることを知り、KAT-TUNというグループにも惹かれ、色々漁っていくうちに他のメンバーにも強く惹かれたよね

そうしてわたしは一生抜けれないであろうKAT-TUN沼にはまりこんだ。

今やギャップの代名詞とも言えるKAT-TUN

あの容姿と歌声と性格のギャップは他の誰にも真似できない。

もしKAT-TUNにちょっとでも興味があるという方、でもちょっと怖そうっていう方、いらっしゃったらぜひ一度エピ諸々見てみて下さい。
見た目あんなヤンキーなのに中身がピュアすぎるとか、実はめっちゃ可愛いとか、すっごくいい人とか、今まで知らなかった1面が見えると思いますので!