読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAT-TUNの向日葵

※勢いに任せたため、読みづらいところあるかと思います。すみません。

※3人のKAT-TUN以外応援できないという方はこの先読むことをオススメいたしません。

10ks!、それまでのテレビや雑誌の取材でKAT-TUNの充電期間に対する決意を改めて感じさせられた。
黙っていることも出来たのに彼等はそれを良しとしなかった。hyphenに隠し事をするのを好まなかった。田口くんが抜けたことに関することで事実とは違う憶測が飛び交うのを嫌った。

それは彼等の不器用で真っ直ぐな気持ち。
田口くんへの。hyphenへの。

田口くんに対して不仲説であるとか、田口くん自身の問題とかで田口くんが傷つくのをなるべく避けたかったからの選択だと思う。
田口くんは確かに脱退という道を選んだ。でもそれはKAT-TUNでの10周年を壊したかったからじゃない。
ただ単になにかに耐えられなかった。ずっとそれを1人で抱え込んで、あの向日葵みたいな笑顔で私達を照らしながらどこかで違和感があったんだと思う。これから先どれだけ叩かれて、どれだけ辛く険しい道を歩むことになるとしても田口くん自身がその道を選んだ。

それなら私達に田口くんについて何かを言う権利はないと思う。ましてや、KAT-TUNのことも田口くんのこともよく分からない人に便乗するような形で田口くんを否定しないでほしい。
だってこれまで田口くんがKAT-TUNを守ってくれた事実が変わる訳ではないから。今までのKAT-TUNとしての田口くんが変わる訳ではないから。
私達が目に見えない大きな何かと一生懸命闘って、その上で田口くんが選んだ。KAT-TUNでいられる最後の日までKAT-TUN田口淳之介を貫くことを約束して。

田口くんが大好き。
その場にいてくれるだけで、笑ってくれるだけで、世界を明るくするような田口くんが大好き。
私はメディアを通しての田口くんしか分からないけど、15年一緒にやってきた上田くんが田口くんのことを信頼してるって言ってた。あの曲がったことが大嫌いで、情に篤い上田くんが言ってた。少なくとも、上田くんがみんなの前でそうやって田口くんのことを言えるくらいの人徳が田口くんにはあったってこと。
田口くんの全部が分かるわけじゃないけど、田口くんを好きになってよかった。
同じ空の下生まれてよかった。

これからの田口くんの人生が幸多きものでありますように。
田口くんが向日葵のような笑顔で屈託なく笑えますように。
願わくばその姿をメディアを通じてもう1度見られたら嬉しいな。

頑張れ、田口くん。
何があっても、ずっと応援してるから。






田口くん担さんへ。
いきなりすみません。お前は何様だと言われることを覚悟で伝えさせて下さい。

田口くんがKAT-TUNという船を降りて、同時に船を降りようか迷っていらっしゃる方もいると思います。
出来るなら、私は田口担の皆様とともにこれからのKAT-TUNを応援していきたいです。
田口くんが愛してくれたKAT-TUNをずっとずっと真ん中で一緒に支えていけたらわたしはとても幸せです。
ただ、自担が船を降りたことでKAT-TUNに対して気後れしてもらいたくないのです。
現在3人のKAT-TUNで活動している時に、田口担を傷つけるような発言をしている方をたまに見かけます。
ですが、そんな人ばかりではないことをお伝えしたいです。
きっと、そんな人よりも、一緒に田口担さんとKAT-TUNを通して盛り上がりたい、応援したいと思っている人の方が多いと思います。
少なくともわたしはそう思っています。
出来るなら、この先もずっと一緒にKAT-TUNを応援できますように。

もちろん、田口くんと同時に船を降りた方を責めたい訳ではありません。
船に乗ることが全てではないからです。
港で船を後ろから支えてくれる人もいてくだされば、大きな励みとなると思います。
"同じ空の下"です。今は別々のことに取り組んでいてもふとした時にみんなで集まれたらこれ以上の喜びはありません。
どこまでもタグティブに頑張れたらと思います。


いつかまた出航の時に皆様に会えることを願って。